Select Page

鍵の修理・防犯・防災

カギ開け・交換・修理 / 合い鍵製作 / 補助カギ取り付け / 防犯鍵 / 監視カメラ設置 / 火災警報機設置 / スプリンクラー設置 / 防火戸 / 防犯窓 /

カギ開け・交換・修理

カギ開け・交換・修理

鍵を紛失してしまった!鍵が開かなくて閉じ込められた!家に入れない!防犯対策のためにも鍵を交換したい。ドアノブ自体を修理してほしいなど、様々ある鍵トラブル。そんなトラブルが発生してしまったらまずはご連絡ください。お電話で状況を説明していただければ、大体のお見積りをお出しすることが出来ます。現場へスタッフが到着し、実際の状況を見た上で、改めて金額提示をさせていただきます。 ご相談とお見積りには料金が発生いたしませんので、お気軽にご相談ください。

補助カギ取り付け

補助カギ取り付け

補助鍵とはあくまで今ついている鍵を補助する為の鍵です。一般的にはドアを開け閉めするための『ノブ』と鍵の開け閉めに使う『ロック』が1つになっている『錠前』がほとんどの扉についています。 防犯にはこの『ロック』が非常に重要になる部分でロックがいくつあるか、ロックの性能はしっかりしているかによって、玄関ドアの防犯性能が変わります。ロックの数に関しては多いに越したことはありませんが、多すぎても日常使うものですから不便になってきます。『1ドア2ロック』という言葉があるように、しっかりした鍵が2個ついていればあらゆる危険から守ることができるとご案内しております。

スプリンクラー設置

スプリンクラー設置

住宅用自動初期消火装置、住宅用スプリンクラー設備は、火災から家族と財産を守ります 水防協の住宅用自動初期消火装置は、火災警報と家庭用水道水を利用して一体化し、初期消火を目的とした低コストの住宅用スプリンクラー設備です。戸建て住宅、マンション・アパートなどの様々なタイプの住宅に利用でき、安心・安全・安眠を提供いたします。

火災警報機設置

火災警報機設置

住宅用火災警報器を設置する部屋は、各市町村の火災予防条例で定められた場所に取り付ける必要があります。ただし全国共通で、寝室および寝室がある階(寝室が避難階となる階にある場合は除く)の階段には、原則として煙式を設置しなくてはなりません。なお、浴室、トイレ、洗面所、納戸などは義務化の対象外です。

合い鍵製作

合い鍵製作

従来のギザギザキーだけではなく、住宅・自動車・ロッカー等に非常に防犯性が高く、しかもスペア作成が難しい、ディンプルキーや内溝キーが増えてまいりました。そんな他店では難しい種類の鍵でも、スペア作成いたします。スペアキーをあきらめる前に、是非ご相談ください。また、折れてしまった鍵や、曲がってしまった鍵等、他店で断れてた鍵でもほとんど合カギができます。ぜひ一度ご相談ください。

防犯鍵

防犯鍵

防犯性に優れているものは鍵の構造が複雑なもの、鍵自体にロック機能があるものなどがあげられます。また、一つのドアや窓に対して鍵が複数設置されているものが防犯性に優れていると言えます。対して、防犯性の低い鍵は鍵の構造が一昔前のシンプルなタイプであったり、鍵や鍵穴自体が劣化して傷んでいたりなどがあげられます。

監視カメラ設置

監視カメラ設置

駐車場や家の玄関、窓付近など様々な場所へとカメラを設置することができる高い技術を持っております。防犯カメラは特別な施設や工場、オフィスビルだけに設置されているものではありません。一般家庭でも設置することが可能で、目立ちにくい小型なものや、パソコンや携帯でもカメラの映像が確認できる機能を備えているものなど、多種多様な防犯カメラが登場しています。自家用車へのイタズラ被害を防止するためには駐車場に防犯カメラを設置するのが有効ですし、ゴミ捨てのルールが守られていない集合住宅では収集場付近やエントランスに防犯カメラを設置するのもいいでしょう。目的や場所に応じて適した防犯カメラを設置することで、より安全で快適な生活を送ることができます。

防火戸

防火戸

耐火建築物、準耐火建築物や防火地域または準防火地域にある建築物の外壁で、延焼のおそれのある部分の開口部については、炎を遮り延焼を防止するために、「防火設備」(防火戸)の使用が義務づけられています。

防犯窓

防犯窓

窓の防犯設計にあたってのご注意

(1)窓の防犯設計は、ガラスだけでは十分ではありません。サッシ、雨戸・シャッター、錠前、照明、セキュリティシステム等を含めて総合的な対策をご検討ください。
(2)サッシの選定については以下の点に配慮してください。
●枠材の強度 ●ガラスののみこみの深さ
(3)窓には補助錠をつけることをお奨めします。離れた位置に2点締まり以上の補助錠をつけることがガラス破りの所要時間を延ばし防犯性能アップに有効です。
(4)雨戸、シャッター、面格子などは防犯上の配慮がなされたものをお選びください。
(5)各種防犯警報器具(センサー、照明等)やセキュリティシステムを併用すると一層効果的です。

窓の防犯設計はガラスが防犯性能を左右します。

ガラスの種類と防犯特性

●フロート板ガラス
最も一般的で、開口部に使用される頻度が高いガラス。しかし、短時間で破られ、防犯性能は期待できません。「熱線吸収板ガラス」、「熱線反射ガラス」、「装飾ガラス」も同様に期待できません。
●型板ガラス
型模様のガラスが使用され、視線を遮る機能をもったもの。防犯性能はフロート板ガラス同様、期待できません。
●網入板ガラス
火災時の延焼を防止する目的で金網を封入したガラス。金網は容易に切断できるため、防犯性能はフロート板ガラスと同様、期待できません。
●強化ガラス
フロート板ガラスを加熱・急冷して製造し、強度を高めたガラス。割れにくく、万一割れた場合には、ガラス全面が粒状になるので、安全面での特長はあるものの、反面、防御力を失うため防犯性能は期待できません。
●複層ガラス
2枚のフロート板ガラスの間に中空層を設け、約2倍の断熱性能をもったもの。2枚のガラスを破るのに手間取ること、ガラス周辺がシールドされているためガラスの破片を取り除きにくくフロート板ガラスに比べると破りにくいものの、防犯性能は期待できるレベルではありません。
●合わせガラス
2枚以上のガラスを強靭な樹脂中間膜で接着して一体化したもの。割れてもガラスの破片が飛び散らず安全面に優れています。さらに中間膜を厚くしたり、破りにくいポリカーボネート板などを挟んだりすることで、防犯性能を向上させることができます。
●合わせ複層ガラス
複層ガラスの片側または両側に合わせガラスを使用したもの。断熱性能に優れているとともに、合わせガラスの中間膜を厚くしたり、破りにくいポリカーボネート板などを挟んだりすることで防犯性能をより向上させることができます。

お電話でも承ります。


0120-966-763(フリーダイヤル)

電話受付時間:8:00〜20:00

(※基本的に年中無休です)

info@ながの暮らしネット.com

個人情報管理体制も万全

個人情報に関しては厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適用される法令及びその他の模範を遵守しております。

長野県公式ホームページ

長野県全域に対応しております

ながの暮らしネットは、適正な価格にこだわり、地元・長野の腕利き職人による、
ていねいな施工と徹底した品質管理で、お客さまにご満足いただける安心をご提供します。
暮らしに関するお困り事を素早く解決!
お見積は全て無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

無料お見積りフォーム